ショップレビュー

1件のレビュー
かわいい店名 2016/10/04
くりまる(40代・女)

親切・丁寧にこちらの質問に答えていただきました。
たまに書かれている情報とちょっと違うかも。と思う商品が届いたりしますが、こちらのお店は大丈夫。美味しいです。



農薬(化学、植物性)・肥料・堆肥・EM菌等一切不使用の
自然栽培・農法。
自然の良い所も悪い所もめいっぱいに受け止め育った農作物は
たくましくも凛として華やかです。
食べ続けたくなる野菜・果物と産地直送で、美味しいを体現します。




●価格

一般栽培と同じ位になるように目指しています。量が採れにくいのは確かですが、
採れるように工夫を続ける事で、安定生産、高品質で手の届きやすい価格を目指しています。

●品質

一般栽培よりも安全で高い食味、栄養価。身体に悪い化学的成分を含みにくい(虫に食われない)。

植物のエネルギー効率が良く、採って3秒で食べられる安全で細胞の数と密度が濃い農産物。
また野菜を腐敗させるような菌が少なく、よい微生物が多く味が濃く香りが豊かで、厳しい自然環境で育った栄養が詰まっています。

●サービス

・栽培工程について知りたい事、疑問がある方はお尋ねください。お答え致します。家庭菜園等の疑問でも大丈夫です。お気軽にどうぞ。
・発送時の箱は、低価格でお買い求めいただくため無地の箱(新品)にて発送させて頂いております。商品の他に入れるものは納品書だけになります。
多めに収穫出来ているときは、おまけがつきます
・出来る限りお急ぎな発送も対応いたします

可食部に虫食いのあるものは販売しておりません。不満な場合は着払いで返品可能です。
 (食べるのに神経を使うようなものも)。


・生産者自身、虫(特に芋虫や毛虫)が苦手なので、それに食べられているようなものは入りません。


facebook始めました。小まめに更新してい行きたいと思っております。




皆さんは顕微鏡で野菜の中を見たことがありますか?



顕微鏡で見ると野菜の中の化学物質や、良い菌、悪い菌が見えます。
2012年ころの自然栽培トマトの細胞の中の画像です。

大きなのが気泡で、その他の小さいものが化学物質との事です。
よい微生物も多いようだが、化学物質がまだ残っているという事でした。
雨や隣からドリフトの可能性もあるが、土壌管理に気を付けた方が良いと言われました。

水は上流の綺麗なものを使えとの事だったので、水をかけたり、緑肥を栽培して改善を図りました。
住んでいる所が、水の綺麗な所に近かったのでその水を使いました。
年数を重ねるだけでは駄目との事で、私が自然栽培に転換して5年程経った土から育てたトマトでした。

今では前よりもほとんど腐るという事がなくなったように感じています。
水に含まれる塩素にも反応してしまう方もいるという事だったので、それ以来、使う水も慎重に考えています。

では、一般栽培や有機栽培ではどうなのか。
これ以上慎重な管理をしていなければ、もっと大変なことになっています。



私たちが目指すのは、お客様に納得して選んでいただける農産物作り


民話のふるさと岩手県遠野市で農作物を育てています。自然が豊かな、農業にはぴったりの場所です。

自然の中で伸び伸びと手間暇をかけ育った農産物は、どれも元気いっぱいです。

 そういう農産物は、旨みや美味しさで溢れています。他の場所では味わうことの出来ない、遠野ならではの美味しさです。

 そんな農産物を皆様にお届けしたいと思っております。


 大型機械を使った栽培や水耕栽培では生み出せないものが自然栽培・自然農法の農産物です。現代ではトマトで反収100トンという驚異的な量を取る施設栽培もあります。しかし、私たちは、農産物の本当の品質について考え、この自然栽培・自然農法という方法を選びました。

【お子様も安心して食べられる本物の野菜をお探しの方へ】



自然栽培とはその土地の環境と作物本来のおいしさを引き出しお届けする方法です。



農産物の状態を正しく理解、対応できた時、植物の本気を引き出す事が出来ると実感しています。それは、植物を自然的に医療する事でした。食味や品質(栄養価、外見)も良く、収量も適正で病害虫に侵されない。
お客様に自信を持ってお勧めできる農産物が出来ました。

「本当の野菜ってこんなに美味いんだ。」

そう感じて頂けるはずです。多くの人が育ててきた技術を使い、農業を良く、
よりお客様に良いものをお届けしたいと思っています。




ページ上部に戻る。



【自然栽培・自然農法とはどんな方法なのかをご紹介します】


よく一般的には、自然農法は草だらけ、虫食い、手抜きみたいなイメージがあります。ですが、それは誰かが勝手に作り上げた自然農法のイメージなんです。
ですから、ここで自然農法とはどの様な方法かを知って頂き、野菜を見る目を肥やして頂きたいと思います。




1.土作り
緑肥や草生栽培、作物の組み合わせでその土に合った微生物やミネラルを増やし、安定した栽培を可能にします。偏った栄養をもち微生物の環境をを壊す動物性堆肥や化学肥料は一切使いません。もちろん、出来る限り機械も使用し、土に負担をかけない範囲で効率化します。

2.適地適作
自分が育てたいものではなく、その土地の環境や土、作物の性質に合ったものを栽培します。そうする事によって、農薬と肥料を使わなくても良質な農産物が栽培可能になります。

3.適期作業
作物が伸びたいときに伸びれるよう成長に合った作業を行います。植物ホルモンや栄養状態・生理状態が適切な時、良い農産物が生まれます。

4.実験する、調べる
育つところには育つ理由があり、育たないところには育たない理由があります。原因を追究する事で技術の向上につなげます。



-農薬・肥料と品質の関係-

・農薬や肥料を使用するから美味しいものが出来るのではなく、それらを使用する事によって一時的に栄養状態(不足していた栄養が補給される)が改善します。

そうする事によって、果実生産や体の成長に使われるエネルギーが増えます。

しかし、植物が生理的(植物が体を適切に保つ活動)にも欲している栄養が必要な時にすべて補給されるわけではありません。植物には、あるものが吸収されると、もう片方が吸収されにくくなるという現象があります。
>そうすると、植物の細胞が徒長し、栄養バランスが崩れ、生理的な活動が悪化し、病害虫に対して弱くなります。農薬の出番となるわけです。これは、治療薬ではなく対処療法として使われます。

それで、かろうじて植物に住み着いていた微細な良い菌も殺します。

微生物は、分解するものが決まっており、植物の徒長した原因であるものを分解する役割は、人間にとって悪い微生物が担当しています。

悪い微生物が増えやすい環境下にある(細胞の徒長、農薬や肥料の使用)ので、農薬をかけた後でも悪い方はすぐに増殖します。

良い方は、増殖できる適切な栄養状態下(農薬や肥料使用では再現不可能)ではありませんので、ほとんど増殖出来ません。

こうして、腐敗しやすい植物になるのです。農薬の使用条件を守ってもこのようになります。私は一応農薬を扱う資格(毒劇物取扱者、農業用品目)の資格を持っていますので、それなりに知識はあります。いくら土壌診断をしたとしてもそれだけでは補いきれないものがあります。最終的にその悪い影響を人間が受け、高い医療費を支払う事になるのではと思っています。一応、一生の間食べても問題ない数値が農薬の基準となっているらしいですが、体内での複合汚染の影響を少しでも減らしたいと思っています。


-自然栽培と収量-

・平均的に見ると一般栽培よりは採れませんし、採りません。環境も壊しません。一般栽培が採り過ぎなのです。採っても美味しくなければ食べてもらえませんので。もちろんある程度の収量は必要だと思っています。

条件さえ整えば、一般よりも採れる事はあるそうです。私も品目によっては実感しています。

ただ、高いお金を支払い農薬と肥料を買い、量を作り美味しくない農産物や安全でない農産物を育て、消費者にお届けする。農業としてどうなのかなと感じます。食料自給率が低いのや食べ残しが多いのも、美味しくない農産物が出回り、手に取ってもらえないというのもあるのではないでしょうか。

農業として大事なのは何かと考えた時に、安全・安心、美味しく食べてもらえる、品質、価格、環境を出来るだけ壊さないなど最低でもこの条件は必要だと思います。しかし、現状は棚上げ状態です。食べてくれる人を考え、そこから農業としてどうあるべきかを考えなければならない時期に来ていると感じます。品質あっての収量。収量を上げた後、品質を良くする事は出来ないと思います(自然栽培並みの品質であれば話は別ですが)。

なぜこんな事を言うのかという事ですが、世界的に危機的状況だと感じているからです(興味がある方は地球白書等をお読み下さい)。土壌の喪失や飢餓、環境破壊、水不足など問題は山積みです。日本の国内だけでも抱えきれないほど問題だらけです。私たちの経済も先進国だけでは成っり立っていません。安くものが買えるという事は、誰かが私たち以上に負担をしているという事ではないでしょうか。もう知らんぷりは出来ません。そういう事で、水が豊富な日本の農業だけでもなんとかしたいと感じています(日本以上に水が豊富な場所はない)。

その方法として、自然栽培です。適地適作、適期作業、負担の少ない機械、栽培技術。これらだけでももっと日本の農業は改善出来ると思います。

大規模化が出来ない中山間地では、畑が点在しており、畑の特徴も違います。その場所に合った園芸作物、手作業が向いている果樹などが必要になります(これらは水稲などより高単価です)。

細かい栽培には人手が必要となり、雇用が生まれます。自然栽培では上手くいけば、管理の手間は減ります。植物に合った環境で育てば人があまり手入れをしなくても上手に育ってくれます。

雇用が生まれれば田舎に留まる人口が増えます。田舎の人口が増える→農業生産が上がる→輸入食料要らない→食料自給率120%(現在は37%だったような)→肥料要らないので発展途上国に安く譲れる、もしくは安く輸出出来る、技術が広まる→発展途上国の栽培可能な所で出来る→飢餓や環境問題が減る。単純ですがこうなる事が願いです。




もぐカンFAQ 遠野もぐもぐカントリー     


【お知らせ】





皆様のアイデア募集中!
 こんな野菜が欲しい、この野菜を作って! ご意見をお待ちしております!
ページ上部のお問い合わせ・FAX・メールよりご連絡ください。


ショップレビュー

1件のレビュー
かわいい店名 2016/10/04
くりまる(40代・女)

親切・丁寧にこちらの質問に答えていただきました。
たまに書かれている情報とちょっと違うかも。と思う商品が届いたりしますが、こちらのお店は大丈夫。美味しいです。

Shop インフォメーション

宅急便コレクト お届け時カード払い

クロネコwebコレクト クレジットカード払い



遠野もぐもぐカントリー
ご意見・ご要望、ご不明な点などお気軽にお問い合わせください。
※電話には作業上出られない場合があります。その場合は、お手数ですがFAXかメールでお願い致します。

問い合わせ対応時間 (電話)08:00~17:00(土日祝日を除く)


上記以外の時間の場合、メール、FAXにてお願いしております。  

FAX番号:0198-65-2730
 メール :mogucauntry@tonotv.com
 電 話 :080-6007-8432


自然栽培の夏野菜通販【遠野もぐもぐカントリー】

自然農法自然栽培夏野菜通販なら【遠野もぐもぐカントリー】をご利用ください。自然農法・栽培にこだわったトマトやナス、キュウリ等の野菜セットを販売しております。無農薬のおいしい野菜を産地直送でお届けいたします。また、こんな野菜が欲しい・この野菜を作って欲しいなど、皆さまのアイデア・ご意見をお待ちしております。お気軽にお問い合わせください。